毎日の暮らしをワインと共にちょっと素敵にしてみませんか♪ NYで少人数制ワインクラスをしています。お問い合わせはaitoavecduvin@gmail.comまで。


by Aya

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
■ご挨拶
■Avec du Vinクラス
■ワイン(赤) -フランス-
■ワイン(赤) -イタリア-
■ワイン(赤) -スペイン-
■ワイン(赤) -アメリカ-
■ワイン(赤) -南米-
■ワイン(白) -フランス-
■ワイン(白) -イタリア-
■ワイン(白) -ドイツ-
■ワイン(白) -アメリカ-
■ワイン(白)-オーストラリア
■ワイン(白)-NZ-
■ワイン(白)-南米
■ワイン(白)-スペイン-
■ワイン(泡)
■ワイン(ロゼ) -フランス
■ワイン豆知識
■ワイン(その他)
■ワインクラス
■ワインストア
■ワインバー
■ワイナリー訪問、旅行
未分類

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
that's why i...
こなみのおいしいキッチン
shina_poohな日...
ももとぶどうの樹
おっととよめとカモワイン
EATお茶入れたよ
ニューヨーク、ブルックリ...
ワイン メモリー
サンフランシスコ・ワイン...
Osteria popp...
家庭料理&ワインのおいしい時間
ワインとアテ日記
続!!ワインのない食卓は...
national win...
Tの隠れ家

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
venushack.com
from venushack.com
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ブログ移動します!
at 2015-07-02 03:15
■*Avec du Vin*..
at 2015-06-02 00:24
■初夏のホームパーティー♪
at 2015-05-07 21:24
■クラス再開!
at 2015-04-27 09:21
■4月クラスのご案内
at 2015-03-24 22:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
海外生活

画像一覧

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

■ワインの温度

基本的にワインは赤は室温、白、ロゼ、スパークリングは冷やし目で飲むというのが定番です。

赤ワインの室温はフランスなどやや冷涼な国での話で日本のように湿度が高い国での夏の室温はワインにダメージを与えてしまう可能性があります。室温なら20℃程度、地下室などのように直射日光が当たらない場所が適所です。



b0283434_972327.jpg

赤ワインは冷たすぎると渋みが口の中に残り香りもたちません。
提供する時は極ライトボディなら12~14℃。ライト~ミディアムなら16~20℃。フルボディなら18~20℃。熟成した上級ワインなら22℃程度まであげてもOKです。

b0283434_983122.jpg
白ワインは適度な酸味が心地よく感じられるように冷やして飲みます。
甘口は6~8℃、辛口は6~12℃。こくのある上級のワインならやや高めの10~14℃。スパークリングワインも冷やし気味で6~8℃程度。プレステージシャンパンなら8~12℃くらいでも。

一般的にこれらの知識が頭に入ってると今度は葡萄の品種やワインの産地によって”どのような味わいか”という観点から温度を自分で決めることができるようになってきます。ワインは受動的より能動的に楽しみましょう。

買ってきてすぐに飲まない場合、特に赤ワインは休めてあげるのも大切です。
セラー等がある場合は横に寝かせて振動をかけないようにしましょう。
直ぐに飲む白ワイン等は冷蔵庫に入れても大丈夫ですがやはり長期間保管するのであればセラー等に入れてあげたほうが良いですね。セラーでは13~15℃程度で保管するのがベストです029.gif

 


 
[PR]
by avecduvin | 2013-08-25 07:03 | ■ワイン豆知識

■Domaine Faiveley Macon Villages 2010

b0283434_1453374.jpg
Domaine Faiveley Macon Villages 2010を開けました。

b0283434_1451373.jpg
1825年にNuits-Saint-Georgesに設立されて以来、そのエレガントな造りでBourgogneのお手本と呼ばれるような正統派。Grand cruは8つ、Premier cruは15つ所有のBourgogneの超優良大手ドメーヌです。
今回購入したのは広域の裾物ですがシリアスになりすぎない平日の夜に飲むにはピッタリです001.gif

b0283434_1452835.jpg

価格:$16.99
品種/セパージュ: Chardonnay 100%
アルコール度数: 不明 12.5%前後
カラー:中位のハニーゴールデンイエロー 
アロマ: 白桃、少し重めの柑橘類。落ち着いた蜜香、メロン、洋ナシ
テイスティングコメント: 粘性は中位。アロマの期待を裏切らないほどよい重さ。ミネラル感はありつつ酸味より甘味やこくが後に残ります。余韻は長めでドライ。

評価:87点
[PR]
by avecduvin | 2013-08-23 02:18 | ■ワイン(白) -フランス-

■9月クラスのご案内

昨日は引越ししてからの初クラス。テーマはロゼでした。
残念ながらまた写真を撮り忘れてしまったので次回のクラスではしっかり撮りたいと思います!

そして*Avec du Vin* 9月クラスのご案内です。
来月9月と再来月10月は新たな資格取得の為、日本滞在が長期になる予定です。日数も限られている為この2ヶ月間は過去のテーマをもう一度プレイバックしたいと思います。参考までに、過去のテーマは、


①Bordeaux 基礎編

②Sparkling Wine 基礎編

③Red Grape Varieties 赤ワイン品種別飲み比べ

④Spanish wine, cheese and charcuterie スペインワイン、チーズ&ハム

⑤All about Chardonnay シャルドネの全て

⑥Drink Pink ロゼワイン



9月は月の前半に①、②、③を。10月は月の後半に④、⑤、⑥(10月は希望の方が一定数集まれば全てのテーマ可)をそれぞれ開催します。

10月の日程のご案内はまた9月にさせて頂きます。


※なおワインやチーズ等の価格、シッピング代などが以前クラスをした時と異なる可能性が高い為、多少の値上がりやどうしても手に入らない場合ヴィンテージの違いが出てしまうことをご了承ください。クラス代はワイン等の値段によりテーマ別に変動します。


【日時】
9月4日(水) 11:00~13:30 テーマは③ 残り一席
9月5日(木) 11:00~13:30 テーマ未定 残席あり
※日程の関係上9月は平日クラスのみとなります。
※各クラス最低4名、最高6名とさせて頂きます。

ご予約は同テーマで4人揃い次第確定となります。


9月に予定している過去3テーマのクラス費用は以下の通り、

■Bordeaux 基礎編 $55 (以前は初回だったこともあり2本で$30のお試し価格でしたが今回は以前と同じMedco地区から1本、St-Emilion, Pomerol地区から1本に加えてSauternes地区の貴腐ワインを加えた3本を提供いたします。)
■Sparkling Wine 基礎編 $50
■Red Grape Varieties 赤ワイン品種別飲み比べ $45


クラスのご予約、お問い合わせはaitoavecduvin@gmail.comまで055.gif
[PR]
by avecduvin | 2013-08-22 04:28 | ■Avec du Vinクラス

■Domaine Lafage Rose Miraflors 2012

b0283434_9552911.jpg

Domaine Lafage Rose Miraflors 2012を開けました。

Robert Parker氏のポイントいわゆるパーカーズポイントが90点、なのにお値段$15で見つけてしまったので思わず即買いです。

b0283434_955170.jpg
そして届いてからビックリ、なんと珍しいガラスの栓でした!ちゃんと接触部分はゴムのようなものがついていて密閉度は抜群でしたが今までに見たことのない栓でとてもキレイでした。Provenceのロゼは変わったボトルの形があって色もそうですが見た目で楽しませてくれますね。

今月はロゼ特集でこれも候補の一つでしたが残念ながら選ばれず。

b0283434_9551754.jpg

価格:$14.95
品種/セパージュ: Mourvedre 70%、Grenache Gris 30%
アルコール度数: 12.5%
カラー: 極薄いサーモンピンク
アロマ: 最初爽やか、木苺。ProvenceのBandolを彷彿とさせる、The Provenceなアロマ。
テイスティングコメント: 始めは爽やかなロゼかと思いましたが適度な重さとコクもあり最後にふわっと苺の甘さがきます。真夏にもいいですが初夏にかけて飲みたいですね。どんな食事にも合いそうです。

評価:87点
[PR]
by avecduvin | 2013-08-14 23:46 | ■ワイン(ロゼ) -フランス

■ソムリエの活用の仕方

Sommelier(ソムリエ)。

高級レストランには必ずといって言っていいほどいるワインのプロ。

日本ソムリエ協会では
・ソムリエ 【ワインなどのアルコール飲料を提供する飲食店で5年以上の経験があり現在も従事】
・ワインアドバイザー 【ワインやアルコール飲料の販売や輸入業で3年以上の経験があり現在も従事】
・ワインエキスパート 【20歳以上】
と3種類の資格がありますが2次試験が口答試験&実技試験が少しある程度でこの3つ、実際の試験はほぼ9割同じです。
最近ではワイン愛好家の方も増えてきてワインエキスパートの試験が一番難しいと言われています。

私も資格取得する前はレストランでソムリエにワインを聞くのは少し気後れするというか、高い値段でないと相手にされないのでは?と思っていました。
ですがそれは大きな間違い!

ソムリエはワインのプロ。特に高級レストランで一人前に働くソムリエはプロ中のプロ。たくさんのお客さんと接してきています。
ワインをボトルで頼む際に料理との相性や予算など正確に自分の意思を伝えることが大切です。

レストランではボトルで2番目に安いボトルが一番出るらしいです。一番安いのはちょっと恥ずかしい、という人間心理をうまくついていますね。当然レストラン側も2番目(程度)に安いボトルに一番力を注いでいると言えます。

決して高いワイン=料理に良いワインというわけではありません。
わけわからないフランス語やイタリア語を見ても良くわからないのが大半です。
そんな時自分の好みのワインをしっかりと伝えられることが重要です。

例えば、
フルボディでちょっと渋めなタイプ
ミネラル感のある爽やかな白。
ブルゴーニュの若いワイン。
少し重めで甘めのカリフォルニアの白。


など具体的に言えることでソムリエもワインが選びやすく、お客様のニーズにあわせることができます。
ちょっと高圧的に見えてしまうソムリエですが、しっかりとお客様の好みを洞察するのが仕事であるので是非上手に活用してくださいね029.gif



b0283434_11511656.jpg

ちなみに彼は2012年のAssociation de la Sommelerie Internationaleで世界のソムリエのチャンピオンとなったPaolo Basso氏。
この大会去年は日本で行われたらしいですよ。
[PR]
by avecduvin | 2013-08-08 12:36 | ■ワイン豆知識

■Domaine Carneros Brut Rose Cuvee de la Pompadour

b0283434_10143497.jpg
Domaine Carneros Brut Rose Cuvee de la Pompadourを開けました。

b0283434_10145867.jpg
こちらChampagne地方の名門Taittinger家がアメリカ進出し共同経営で造り出したスパークリングワイン。
その栄光は輝かしいばかり。WE(Wine Enthusiast)にて米泡最高の93点を獲得しています。
Wine & FoodではBest Rose Sparkling Wineとして選出、それ以外にも様々な雑誌等でBest 100にノミネートされるなどまさに名門の何恥じぬ名誉ですね012.gif

b0283434_1015294.jpg
飲む前から期待大だったのですが期待にしっかり答えてくれました。

b0283434_10234387.jpg


価格:$28.99
品種/セパージュ: Pinot Noir 58%、Chardonnay 42%
アルコール度数: 12%
カラー: ストロベリーピンク、若干オレンジがかっている、苺シロップを薄くした様。
アロマ: シャンパンの様な上品さ。ラズベリー、バラ、白桃、黄りんご、レモン等の爽やかさもありつつシャンパーニュ方式ならではの甘いパン、優しいイースト香。
テイスティングコメント: 泡はやや強め。あまり抽象的な言葉は使いたくはないものの個人的な感想として圧倒的に美味しい!と思ったのが正直なところです。値段が安い割には、ということもあります。フィニッシュは中位。日本では5000円を超える泡です。たまたま近所でこの値段で買えたのでちょっと買い占めたくなりました。下手なシャンパンより美味しいです。

評価:95点
[PR]
by avecduvin | 2013-08-08 10:54 | ■ワイン(泡)

■Chasing Venus Sauvignon Blanc 2012

b0283434_9585245.jpg

Chasing Venus Sauvignon Blanc 2012を開けました。

NZと言えばSauvignon Blanc。個人的には旧世界より新世界のSBの方が好みです。
とは言え意外と久しぶりですが何か惹かれるものがあったので購入してみました。

b0283434_9595241.jpg

価格:$14.99
品種/セパージュ: Sauvignon Blanc 100%
アルコール度数: 13%
カラー: 中位の薄さの輝きのあるレモンイエロー。
アロマ: 典型的なNZのSauvignon Blancと言った感じです。グレープフルーツ、トロピカルフルーツ、黄桃、杏など重めの香りの中微かなライム香。旧世界のような草っぽい香りはありません。
テイスティングコメント: 香りの重さに比例して味わいもしっかりしています。香りは甘い果実が多いですが酸味は高いです。後味は青りんごの様な酸味、苦味、爽やか。フィニッシュはやや短め。

b0283434_1002973.jpg


評価:90点


2日経ってもへたれることなくいい感じです。ややジューシーさが突出している気もしますがお値段は安いので気軽に楽しめます。
[PR]
by avecduvin | 2013-08-03 10:12 | ■ワイン(白)-NZ-

■*Avec du Vin*8月クラス

こんにちは!*Avec du Vin*8月クラスのご案内です。

最後の5月のChardonnayの回では春の暖かな陽気の中でのクラスでしたが、約2ヶ月のお休みの間にNYはすっかり夏になってしまいましたね。

お伝えしていた通り、6月はフランスに行ってきました。南仏からパリに抜ける北上ルートで、ワインの銘壌地であるRhone地方のChâteauneuf-du-Papeとスパークリングワインの聖地Champagne地方を訪れたくさんの刺激を受けてきました。近いうちにテーマとして深く掘り下げていきますのでお楽しみに!



先月末には引越しも終え、8月からは新居にて心機一転、パワーアップした内容でクラスを再開いたします。

8月のテーマはDrink Pink。ロゼワインを特集します。この夏の暑い時期どのワインストアでもロゼワインはよくクローズアップされますがそれにはやはり理由があります。

白ワインの爽やかさと赤ワインの果実味を併せ持つロゼ。どんな料理にも合わせやすくお手頃価格で手に入るのが魅力です。

私の尊敬するソムリエは食事のコースを通して一本だけ選ぶとしたらロゼのシャンパンを選ぶだろう、と言っていました。それだけマルチに合わせやすいんですね!


ロゼと言えば南仏。シーフードと相性抜群な爽やかなProvenceのロゼと高級ロゼ産地の南Rhone、そしてさらにロゼのスパークリングワインの3本をご用意いたします。

女性には特に人気な見た目もチャーミングなロゼの魅力をぜひ学んでいきましょう。


また今回からチーズにも力を入れていきます。世界中の有名ナチュラルチーズをワインのマリアージュと共にレクチャーしていきます。

アメリカでは日本より3割程度安く手に入るのでどんどん覚えていきたいですね。しっかりと知識を持ってワインとチーズをレストランで格好良く選びましょう!




【日時】
8月20日(火) 11:00~13:30 
8月24日(土) 16:30~19:00 
8月25日(日) 14:30~17:00
8月27日(火) 11:00~13:30
※各クラス最低4名、最高6名とさせて頂きます。

尚、この時期週末クラスのうち一日はLong Islandにゴルフ等に来られる方の為に夕方から始めます。


【テーマ】
Drink Pink (ロゼワイン)

【費用】
$50 (当日現金にてご用意ください)
※費用には講義費、教材費、ワイン代、軽食代、チーズ代を含みます。



クラスのお問い合わせご予約はaitoavecduvin@gmail.comまで055.gif
[PR]
by avecduvin | 2013-08-01 11:26 | ■Avec du Vinクラス | Comments(0)