毎日の暮らしをワインと共にちょっと素敵にしてみませんか♪ NYで少人数制ワインクラスをしています。お問い合わせはaitoavecduvin@gmail.comまで。


by Aya

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
■ご挨拶
■Avec du Vinクラス
■ワイン(赤) -フランス-
■ワイン(赤) -イタリア-
■ワイン(赤) -スペイン-
■ワイン(赤) -アメリカ-
■ワイン(赤) -南米-
■ワイン(白) -フランス-
■ワイン(白) -イタリア-
■ワイン(白) -ドイツ-
■ワイン(白) -アメリカ-
■ワイン(白)-オーストラリア
■ワイン(白)-NZ-
■ワイン(白)-南米
■ワイン(白)-スペイン-
■ワイン(泡)
■ワイン(ロゼ) -フランス
■ワイン豆知識
■ワイン(その他)
■ワインクラス
■ワインストア
■ワインバー
■ワイナリー訪問、旅行
未分類

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
that's why i...
こなみのおいしいキッチン
shina_poohな日...
ももとぶどうの樹
おっととよめとカモワイン
EATお茶入れたよ
ニューヨーク、ブルックリ...
ワイン メモリー
サンフランシスコ・ワイン...
Osteria popp...
家庭料理&ワインのおいしい時間
ワインとアテ日記
続!!ワインのない食卓は...
national win...
Tの隠れ家

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
venushack.com
from venushack.com
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ブログ移動します!
at 2015-07-02 03:15
■*Avec du Vin*..
at 2015-06-02 00:24
■初夏のホームパーティー♪
at 2015-05-07 21:24
■クラス再開!
at 2015-04-27 09:21
■4月クラスのご案内
at 2015-03-24 22:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
海外生活

画像一覧

<   2012年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

■Spain: Wine, Cheese and Charcuterie

b0283434_13283143.jpg

今日はAstor Centerにて楽しみにしていたワイン講座Spain: Wine, Cheese and Charcuterieがありました。明日はNYは雪が降るみたいなので今日で良かったです。

b0283434_13285645.jpg
ウェルカムドリンクとしてNaveran Brut Cava 2010がでました。非常に泡が強く大きめ、規則性はあるもののとにかく力強いです。色は明るいゴールデンイエロー。アタックとしてはやはりやや強め。白桃や杏からパイナップル系のトロピカル香まで。柔らかいバターのような香りもあります。こちらロバートパーカーが90点をつけたバリューカバです。

b0283434_13342747.jpg
ワインは白2種、赤3種、シェリー1種でした。スペインならではの品種、有名な産地のものが一同に飲めて勉強になりました。

b0283434_13332021.jpg
そして今回はワインだけでなくスペイン産のチーズやハムとのペアリングも。

①Albarino, Fefinanes 2011
Rias Baixas地方の爽やかな白ワインはシトラスや白桃のアロマ、酸が強く、シアーな印象。同じく酸味のあるゴートチーズMonte Enebroを合わせました。こちらの相性はとれも良かったです!
ペアリング: Very good!

②Ermita de Nieve Verdejo 2011
花梨のような甘くそしてほろ苦いようなアロマ。後味にはほんのり清涼感。①と比べてかなり樽香が感じられました。よりふくよかでリッチなこちらのワインには普段赤ワインと合わせがちなJamon Serranoをペアリング。若干ハムのほうが強すぎなんですが意外といけます。
ペアリング:Good

③Rioja Crianza Vina Real Cune 2009
明るいレッド、粘性はやや強め、凝縮した赤果実のアロマ、タンニンはやや強め。ほんのり甘いヴァニラ香がします。こちらは早飲み出来るタイプのRiojaですね。あわせたのはMahon Curadoというフレーバーの濃いチーズ。甘味やコクのバランスが丁度良く若めのRiojaも美味しく飲めました。
ペアリング:Good

④Cuatro Pasos Bierzo 2009
やや濃い目の赤紫。こちらはCabernet Francのような青臭いベジタブル香が特徴。秀逸なものでないかぎりあまりCabernet Francの特徴が前面にでてきているワインって得意じゃないんですがこちらも自分的にはややくせがありました。粘性もタンニンも強め樹齢80年の葡萄樹からのワインらしく凝縮感はあります。
合わせたのはChorizo。悪くはなかったのですが個人的にはうーん。
ペアリング:Ok


⑤Priorat Menut Clos Martinet 2009

色は④とほぼ一緒。粘性はやや弱め。そんなに香りには甘さはないけれどチェリーなどをはじめとした果実香は強いです。タンニンも酸味も強め。アタックも強いです。
上の2つの赤ワインより樽香が強く若干のミネラルが感じられます。
合わせたのはTorta del Casar。羊乳のウォッシュタイプ。初めて食べましたがとても美味しかったです!やはり個性の強いチーズということで強めの赤ワインとの相性がいいですね。
ペアリング:Very good!

⑥Cream Sherry Dios Baco 最後はシェリーです。色はアンバー~マホガニー、褐色といえます。シェリーはほとんど飲んだことがないのですがこれはすごく甘かったと言えます。香りはドライフルーツやカラメル。味わいも後味にコーヒーやカラメルを感じます。Valdeonというブルーチーズを合わせたのですがちょっとワインがOverpower、、勝ってしまっている気がします。もう少し熟成感の弱いものやソーテルヌあたりで良さそうです。でもシェリー自体は美味しかったです。
ペアリング:Good~Very good!

b0283434_1358723.jpg
クラスで使われたワインはクラスに参加した人であれば20%Offで買えるので③のRiojaを隣のショップでお買い上げしてきました。セールになって$13~14くらいでしょうか。家で気軽に飲めそうです029.gif


今回は1人で参加しましたがより集中できてよかったかもしれません。
いつか自分のクラスでもこういったチーズやハムもスペインだけの特集してやってみたいです☆
[PR]
by avecduvin | 2012-12-29 14:06 | ■ワインクラス

■Cava飲み比べ

b0283434_10565653.jpg
Vilarnau Cava Brut NVとGramona Gran cuvee 2008を飲み比べてみました。

左・Vilarnau Cava Brut NV
色はペールイエロー。
こちらはかなり香りが控えめ。・・・控えめなのですがグラスに注いだ瞬間に嗅ぐと非常に刺激がきます。
鼻にツンとくるようなスパイシーさと酸。これには最初びっくりしました。
その後はシトラスやりんご系の優しい香り。とっても爽やかなタイプのカバです。
酸がキレイに抜けます。
実はこれ開けて2日目なんですがいい感じに泡は残っています。
泡は口の中で泡立つ感じです、これを英語で言うとFrothyと言います。

b0283434_10582591.jpg


右・Gramona Gran cuvee 2008
色はストローイエロー。
1881年創業の上質のプレミアム・カバを造る老舗ワイナリーです。
泡は若干Vilarnau Cava Brut NVよりコンスタントで小さい泡。
RPやThe Wine Advocate 、International Wine Cellar でそれぞれ90ポイントを獲得の実力カバです。
香りはオレンジゼストやブリオッシュ、ハニーといった多少濃い目の重い香り。黒葡萄を多めに使ったシャンパンのようなコクがあります。
アフターもやや長め、ミネラル感も心地よいです。
こちらは同じ瓶内二次発酵のシャンパンと比べてあえてクラスでだしたいな、と思います^^


b0283434_10583830.jpg
両方とも泡はシャンパンほど決め細やかに上がっていかないですね。


一種類だとあまりわからなくても二種類比べることによって違いがよくわかります。
自宅でもテイスティングするときは二種類以上のワインを違いをよく考えながら飲むと面白いですよ072.gif
[PR]
by avecduvin | 2012-12-27 09:59 | ■ワイン(泡)

■1月&2月クラスのご案内

昨日22日に今年最後のクラス”Bordeaux基礎編”の追加クラスを終了しました。

始めたばかりで追加クラスまで設けられるなんて考えてもいませんでしたが、ほぼ全てのクラスが満席となり感謝の気持ちでいっぱいです!
参加してくださった方、応援してくださった方、本当にありがとうございました012.gif


メーリングリストに入っている方にはもうご案内メールをお送りしましたが2013年最初の1月&2月クラス(同内容)はSparkling wine特集です!


シャンパンを始め、世界にはたくさんのスパークリングワインが存在します。まず基礎を知りその上で製法や味わいの違いを学び、これはどういう意味なのだろう・・・?といった今まで疑問だったスパークリングワインならではのワイン用語の解説も織り交ぜていきたいと思います。
スパークリングワインと相性抜群な軽食とチーズもご用意いたします。お楽しみに!


【日時】
1月5日(土) 14:30~16:30
1月7日(月) 11:30~13:30
1月17日(木) 11:30~13:30
1月19日(土) 14:30~16:30


※各クラス最低4名、最高6名とさせて頂きます。
※クラス自体は2時間で終わるように設定しておりますが飲食の時間を含め、30分程度の延長が見込まれます。


クラスのお問い合わせ、ご予約はaitoavecduvin@gmail.comまで055.gif
[PR]
by avecduvin | 2012-12-24 12:35 | ■Avec du Vinクラス

■Domaine La Croix Belle Merlot 2011

b0283434_10594628.jpg
Domaine La Croix Belle Merlot 2011を開けました。


PomerolのMerlotを探していたときにお店の人からこれも美味しいよ、とお勧めされたものです。なんとなく買ってみたもののコスパは良く満足できたワインです。

b0283434_1165687.jpg
ヴィンテージは2011年と新しい。

b0283434_1172742.jpg
色は真っ黒。まったく光を通さない濃さです。


b0283434_118066.jpg

斜めにして色を見るとふちが赤く中心が黒いですね。Merlotに良く見える特徴です。

価格: $16.99
品種/セパージュ: 100%Merlot
アルコール度数: 14%
カラー: 黒味がかかったガーネット
アロマ: 濃い熟した黒果実系のフルーツ、微かなスパイス香
テイスティングコメント: アタックは強いものの刺激は少なくしっかりとした造り。Pays d'Ocのワインは久しぶりに飲みましたが最近伸びているLanguedoc地方ということもあってちゃんと飲めるワインでした。美味しくないMerlotは本当に気が抜けているのですがこれはコスパを考えると優秀です。

評価:81点


b0283434_1183127.jpg

こちらはUpper WestにあるPourというお店で購入したのですが、ここは全てのワインにお店の人が作ったテイスティングコメントを付けてくれます。産地の情報などはもちろん、あわせる料理まで載っているのでワインビギナーには嬉しいサービスです。
[PR]
by avecduvin | 2012-12-18 13:34 | ■ワイン(赤) -フランス-

チーズ&ワインクラス@Artisanal Cheese

Astorのスパークリングワイン講習会より数日前、GrouponでAritisanal CheeseのCheese and Wineのクラスが半額だったから一緒にどお?と友達に誘われたので行ってきました。(やはりチーズがメインなのでWine and CheeseではなくCheese and Wineクラスなんですね!)

Artisanal Cheeseのレストランはミッドタウンイーストにありますがクラスはミドッドタウンウエストのビルで行われます。

b0283434_4351927.jpg
出されたチーズは全部で7種。
・Old Kentucky Tomme
・Robiola Tre Latti
・Serena
・Toma di Bufala
・Mahon
・Ubriaco Prosecco
・Echo Mountain

とワイン4種。
・Verdejo Rueda Martinsancho 2011
・Friulano Colli Orientali del Friuli Ronco dei Pini 2011
・Mencia Bierzo Joven Vega Montan 2010
・Grenache/Syrah/Mourvedre Vacqueyras Domaine de Couroulu 2009

チーズとワインのペアリングの基礎や味わい方などの話を聞き、実際のペアリングのコメントを個々につけていきました。

b0283434_4355075.jpg
Cheese and Wine 101という一番基礎のクラスでずいぶんマイナーな葡萄品種出すなぁとは思ったのですが普段あまり飲まないワインだけにあたらな発見もあり面白かったです。
個人的な意見で一番相性が良かったのがEcho MountainとGrenache/Syrah/Mourvedreのブレンドワインでした003.gif

b0283434_4353687.jpg
チーズの本もだされているチーズのプロMax McCalman。話し方も上手ですっかりファンになってしまいました。本の購入も検討中です。

色んなレストランやワインストアなどで毎日のようにクラスをやっているので自分の興味のある分野やもっと詳しく勉強したいエリアなどを賢く選択して学んでいきたいですね^^
[PR]
by avecduvin | 2012-12-17 07:03 | ■ワインクラス

■スパークリングワイン講習会@Astor Center

b0283434_13202529.jpg

Astor Centerで行われたワインクラスへ参加してきました。
その名も【Champagne vs. Sparkling Wine: Not all Bubbles are Created Equal】 講師はMay Matta Aliah。
9割程度は知っている内容でしたが、8種類ものスパークリングワインを飲み比べができたのはいい経験でした!英語でのワインの表現も定期的に触れておかないといざと言う時にでてこないものです。

飲んだワイン達↓
b0283434_13214881.jpg
Prosecco Superiore Brut, Castelir NV
極めて薄いペールイエロー。レモンや柑橘類、青りんご、白い花等のフレッシュさが際立つ。泡は少なめ。

b0283434_13223949.jpg
Scheurebe Sekt Extra Trocken, Bruder Dr. Becker 2010
Scheurebe(ショイレーべ)という葡萄品種のドイツスパークリングのSekt。先ほどより濃いストローイエロー。
Scheurebeは力強さとパイナップルや黄桃、マンゴーのようなトロピカルフルーツの香りが特徴的。ドイツの寒い地域でトロピカルフルーツのニュアンスもでるなんてビックリ。勉強になります。
熟成させたゴーダチーズとの相性がいいそう。これは試してみたい!

b0283434_13344951.jpg
Crement de Jura, Dom. de Montbourgeau NV
伝統的製法で作られただけあって前のふたつより泡が細かめ。こちらは100%Chardonnay。
ミネラル感と土っぽさ、りんごのアロマ、後にトースト、ナッツに梅のような香りが混じる。泡がとてもクリーミー。

b0283434_133767.jpg
Onabay Vineyards, Blanc de Blancs Brut 2007
なんとNYのスパークリング。泡はかなり粗い。上のCrement de Juraよりさらに梅香が強い。これって英語ではなんて言うのでしょう?アメリカでPlumと言っても赤いプラムしか想像しなさそうです・・・。

b0283434_1339330.jpg
Coulon, Brut Tradition 1er Cru NV
泡は小さめ。色はストロー~ゴールデンイエロー。心地よいミネラル感にレモン、青りんご、そして白桃。トースト香はやや少なめ。ですが時間がたってからトースト香が強くなりさらにコーヒー、シナモン、マッシュルームのような香りもでできました!さすがはシャンパンというところでしょうか。

b0283434_13422121.jpg
Jeaunaux-Robin, Rose de Saignee, Brut NV
そしてロゼへ。こちらはオレンジがかったサーモンピンク。やや薄め。100%Pinot Meunier。
・・・すごく不思議な香りがしました。なぜかあまり果実香がとれず。一緒に行った友達の子にこれたぶんちょっとブショネ(痛んだワイン)だと思う、なんだか靴下の臭い(!)もかすかにするし・・・と言ったら講師の人も最初嗅いだ時にちょっと変な反応をしていたよ、と教えてくれました。
ワイン初心者が集まるクラスなのでわざわざ指摘しなかったのだと思います。

b0283434_1344281.jpg
Galetto Sparkling Rose, Colli della Murgia NV
先ほどのロゼより明るいルビーピンク。色も濃い目。それもそのはず、葡萄品種はAglianico、普通はもっと力強い赤ワインを造る時に使われる品種です。果実味が豊富でジューシー、微かなスパーシーさ。口の中で泡が広がります。シャンパンよりはるかに甘口でした。イタリアのスパークリングワインということでプロシュートやサラミ等と合わせても良さそうです。

b0283434_13445767.jpg
上の二つのロゼワインの色を比べてみました。
かなり違うピンクではあるものの、どちらも美しいですね016.gif

b0283434_13441838.jpg
Moscato d'Asti, Rizzi 2011
最後はイタリアはPiedmont(ピエモント)州で作られる甘口スパークリング。色はペールですが香りは凝縮したマスカット、ピーチやフローラルなアロマ。
ちょっと甘すぎて私ダメだわ。と結論づけそうになったのですが、講師の方が『とってもチャーミングで甘いこのスパークリングはウェディングケーキとの相性がばっちり。甘いウェディングケーキにドライなシャンパンなんて組み合わせはNG、こちらの方がはるかに素敵なコンビよ。あとは週末ブランチなどにもパーフェクトね!』と言っているのを聞いて反省。
そうだった。何も考えずにワインだけ飲んで好き嫌いをつけるなんてもったいなかった。

ワインは単体で飲んでももちろん美味しいけれどペアリングを考えた時に初めてそのポテンシャルが最大限に発揮できると思います。
もちろん好みはあるけれどワインを学べば学ぶほど好きなタイプのワインは?と聞かれると返事に困ります。どれも個性があるし、シチュエーションやフードペアリングを考えたらなかなか簡単に順位がつけられないんですよね^^;


普段飲まない種類も飲めてなかなか面白い講習会でした。
[PR]
by avecduvin | 2012-12-14 11:19 | ■ワインクラス

■In Situ Carmenere 2009

b0283434_13201981.jpg
In Situ Carmenere 2009を開けました。

これ、何で家にあるかは忘れてしまったのですが確か自分でお店で直接買ったような気がします。

b0283434_13194923.jpg
おそらく惹かれたポイントはこの輝かしき受賞シールの数々。
ただものによってはそんなにたいしたことのないコンテスト等も多々ある為、○○○Gold Medalなんてシールが張ってあっても必ずしも美味しいわけではないのでご注意を。
とは言えこれはさすがに3つも張ってあるだけあって期待大037.gif


b0283434_1322867.jpg
ずっと電動のコルクスクリューを使っていたのですが最近はもっぱらソムリエナイフで腕磨き中です。なかなかうまくなりませんが015.gif

b0283434_1325219.jpg
値段を調べたらかなり安かったのですがこれが目を見張る美味しさ!


価格:平均$10前後
品種/セパージュ: Carmenere
アルコール度数: 14%
カラー: 中心は濃く、ふちは赤みが強い。
アロマ: 赤果実系やチェリーのコンポートのような甘くてしっかりとした第一アロマ。後に心地よいヴァニラとミントの香りが鼻をくすぐり最後は清涼感を伴いスーっと抜けていく。
ここまでキレイなミント香は久しぶり!
テイスティングコメント:正直安チリワインという心構えで開けたのですが、期待を言い意味で大きく裏切った素晴らしいワインです。2009年というヴィンテージを感じさせないどっしりとした味わい。酸味や渋みを残さない甘めの後味が今の時期に飲むのにぴったりです。
この安さを考えると箱買い決定です065.gif

評価:90点
[PR]
by avecduvin | 2012-12-12 13:38 | ■ワイン(赤) -南米-

■Tasting@Sherry Lehmann

今日は私の好きなワインストアの一つであるSherry Lehmannでのテイスティングに足を運びました。

ここは1934年開業という老舗。さらにPark Avenueという場所柄とても品が良いお店です。店員さんの数も多く相談がしやすいのも◎012.gif

今日は新しいワインのお披露目テイスティングのような感じでした。
b0283434_1015381.jpg

”The Calling”というブランドはDeutsch Family Wine & Spiritsというワインのインポートやディストリビューションを行う会社のオーナーとJim Nantzというスポーツコメンテーターがとあるレストランで出会い、意気投合し造られたワイン、という嘘のような本当の話。

The Calling Alexander Valley Cabernet Sauvignon Rio Lago Vineyard 2009
The Calling Russian River Chardonnay Dutton Ranch Vineyards
の2種類を飲みました。Sonoma Country、両方ともカリフォルニアワインです。

さすが高級エリアPark Avenueにあるワインストア。グラスもフリーテイスティング用とは思えないほど立派。ワインは飲むグラスによっても微妙に変化があるのでこういうのは純粋に嬉しいサービスです。

シャルドネはアメリカらしい新樽のヴァニラやナッツ香がします。そして上品で適度な酸、スムーズな飲み口。これはなかなか美味しかったです。こちら$26.95。
カベルネソーヴィニヨンの方はあまり香りが立ち上がらず、どっしりとしたふくよかさにかける印象。$31.95払うならやはりフランスワインを選んでしまうかも。

今日はまったく関係のないスパークリングを2本購入したのですが、担当してくれた方にシャルドネは美味しかったよ、と伝えたら『そうなんだよ、驚いたことに結構美味しいんだよね』と言っていました。
やはり歴史のないワインは風当たりが多少冷たいのでしょうか002.gif

ですが新世界アメリカのワイン、これからもチャレンジを重ね美味しいワインをどんどん造っていって欲しいです。


b0283434_1022747.jpg
ところでこのSherry Lehmann、Bordeauxワインのセレクションが素晴らしいです!一見の価値ありですよ☆
[PR]
by avecduvin | 2012-12-11 10:32 | ■ワインストア

■週末クラス追加決定

15日の週末クラスが満席の為22日にクラスを追加することになりました。

たくさんの方に興味を持って頂き感謝の気持ちでいっぱいです。期待に応えるべくこれからも頑張っていきます!

22日も15日と同様14:30~16:30のクラスになります。(30分程度の延長はご了承ください)
まだ席が1、2席空いておりますのでお気軽にお問い合わせください029.gif

ワインという共通の話題を通じて生徒さん同士もソーシャライズし、私も皆さんと楽しい時間を共有できたらと考えています。

1月のクラス開催日は12月後半にブログまたはメーリングリストに入っている方はメールにてお知らせいたします、お楽しみに!


クラスのお問い合わせ、ご予約はaitoavecduvin@gmail.comまで055.gif
どうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by avecduvin | 2012-12-11 04:16 | ■Avec du Vinクラス

■6th Annual Crush Champagne Gala

昨日はCrush wineにて楽しみにしていたChampagne tasting galaに行って来ました!

毎年行なわれるこのシャンパンテイスティングはそうそうたるディストリビューターさん達が集まります。
b0283434_11151010.jpg

受付にて名前を言い、グラスとシートを受け取ったら後は自由にテイスティングできます011.gif


b0283434_1116230.jpg

まずはTaittingerのテーブルへ。最初に飲んだこのTaittinger Comtes de Champagne Blanc de Blancs 2002の美味しさに脱帽・・・。爽やかで滑らかなフルーティーさ、そして少しのミネラル感。香り高く、これは高いだろう、と思わせられました。(実際高いです。。。) 私的点数90点
このComtes Champagne Roseも飲んだのですがBlanc de Blancsほどの感動は得ず。

普通のNV Taittinger Brut La Francaise- トースト香、シトラス感が少し統一感のない印象がありました。なんとなくChardonnayが強い感じです。76点


そして次のテーブルへ。
b0283434_11164199.jpg

まず飲んだのはNV Goerg Blanc de Blancs- 75点
NV Seconde Brut- 80点
Benoit Lahaye Prestige- とっても奇異なアロマ・・・最初はりんごで後味が白胡椒のようなスパーイシーさがあります。 75点
NV Coutire Brut Rose ローズのような、そして赤果実の香り 68点
Bouchard Inflorescence Blanc de Noirs Val Vilaine- Pinot Noirベースのブラン・ド・ノワール。年間8000ケースしかださないとかでかなりレアだそう 74点
Marie-COurtin Eloquence Blanc de Blancs Extra Brut- Bouchardに比べてかなりシトラス香。 舌の上でのバランス的にあまりスムーズさは感じられなかった。 70点


そして次のテーブルへ。
b0283434_11171831.jpg

NV Heidsieck Brut Reserve- トースト香、甘め、かつ複雑な香り。リッチな味わい。78点
NV Heidsieck Brut Reserve Rose- Pinot Noirの割合が60~70%の肉厚なロゼ。74点

Beau Joie Brut- ドサージュを行なっていない(=砂糖を加えていない)天然の味わいをウリにしていた。80点
Beau Joie Brut Rose Special Cuvee- Pinot NoirとChardonnayが50/50。Blancよりバターやクリームのリッチな芳香が印象的。ベリー系のフルーティーさがチャーミング。

写真はないですがこの次のテーブルでBisson ProseccoとNV Schramsberg BlancとNV Schramsberg Mirabelle Brut Roseを試飲しました。

Bisson Prosecco- ずっとシャンパンばかりを立て続けに飲んでいただけにプロセッコのフレッシュさが心地よかったです。特徴的なアロマはピーチ、だそう。お値段もすごくリーズナブル($14.36)だし家に置いておきたい一本。85点
NV Schramsberg Blanc- 泡が強め。後半にバターやブリオッシュのような香り。80点
NV Schramsberg Mirabelle Brut Rose- The・ロゼ!という印象。Pinot NoirとChardonnayが50/50。骨格がある。80点


お次はあのドンペリが並んでいたテーブル。
b0283434_1118061.jpg

NV Ruinart Blanc de Blancs- シャンパンの元祖と呼ばれるブランド。特徴的なボトル。当時は皆こんなスタイルだったそう。酸がとってもシャープ。73点
NV Ruinart Rose これもロゼらしいロゼ。木苺のアロマなどのフルーティーさ。77点
2002 Dom Ruinart Blanc de Blancs- 甘いパンのイースト感が印象的。とても好みな味わいです。コク酸とのバランスが◎ 84点
2003 Dom Perignon- ドンペリ初試飲。決して天邪鬼を装うわけではないのだけれどあまり好みではなかったです。グレープフルーツを思わせるような苦味のあるアロマ。味わいはかなりドライで癖がありました。72点
2000 Dom Perignon Rose- これもBlancと系統は同じアロマを放つ。気品のある香りではあるのだけれどもどうも好みではないのは悲しい。本日最高額$295.95。74点


こちらもドンペリと同じテーブル。
b0283434_11183081.jpg

NV Billecart-Salmon Brut Reserve- とってもフレッシュでキレイな酸。好みです。85点
NV Billecart-Salmon Rose- Blancと同じ印象。お値段ドンペリロゼの1/4以下ですがこちらのほうが好み。85点


そして今まで一番感動したシャンパン・Krugの置いてあるテーブルへ。
b0283434_11191226.jpg

Krug Vintage 2000- 香りで卒倒しそうになったくらい気品漂うアロマ。エレガントの一言です。バランスがとても良くリッチで飲み応えがあります。これが自分的にこの日の最高96点。お値段は高いですが($229.95)これなら頑張ってでも飲みたいと思わせてくれる一本です。
MV Krug Grande Cuvee- Vintageのものほどはいかないまでもこちらも素晴らしいアロマ。91点


b0283434_11193148.jpg

Moet&Chandon Grand Vintage 2002- 酸がシャープです。Krugに飲んだ後っていうのもいけませんが75点。
Moet&Chandon Grand Vintage Rose 2002- Blancも両方ちょっとEarthyというかミネラル感が強いかな。75点。
NV Moet&Chandon Imperial- 値段はVintageより安いのですがこちらの方が好み。ワインはつくづく値段でははかれないと思いました。後半になってくるとテイスティングコメントが雑です008.gif 85点
NV Moet&Chandon Imperial Rose- とてもバランスの良いロゼ。やはりMoetは人気シャンパンだということを実感させられます。万人受けするタイプです。88点
Clouet Vintage 2002- ブルーのボトルが印象的。Chardonnayの爽やかさPinot Noirのパワフルさが良いバランス。
NV Veuve Clicquot Yellow Label- 小さめの泡。クリーン&エレガンス。りんごやトーストの香りの後ミネラル感が残る。79点


しっかりとコメントや点数を記録できていないものも多々ありますがでていたシャンパン類の約8割は飲むことができました。ディストリビューターさん達の貴重なお話も聞けたし、なによりこんなにたくさんのシャンパンの飲み比べができたのは非常にいい経験となりました!
[PR]
by avecduvin | 2012-12-08 06:31 | ■ワインストア